9月24日 9月大祭のご案内【6/04更新】

正・五・九月の24日に修行する大法要です
次回は9月24日(火)
御祈祷申込みは8月より承ります
千葉公慈師 法話担当予定です
午前の部 10時半 法話 11時15分 法要 正午すぎ終了
午後の部 2時半 法話 3時15分 法要 4時すぎ終了

****************

(終了)日時:令和6年5月24日(金) 午前・午後2座

午前の部
10時半 説教 11時15分 法要 正午すぎ終了

午後の部
2時半 説教 3時15分 法要 4時すぎ終了

 概ね 30分前より上殿を受け付けます
 御祈祷申込の方を優先案内することがございます

〇説教師(午前) 
川上宗勇師 (かわかみ・しゅうゆう)
台東区永伝寺住職・教誨師・曹洞宗特派布教師
○説教師(午後)
髙岩寺住職親修
※千葉公慈師は東北福祉大学長公務のため5月大祭は欠席いたします

*祈祷札授与に関する注意事項*
祈祷札申込は法要不参加でも差し支えありません。
後日お参りの際に受付にて授与いたします。
郵送授与も承ります。

申込票は授与完了まで大切に保管ください。
申込票を携帯端末で記録しておくのも一法です。

くわしく解説 >>

申込先 >>

*法要ご参加の皆様にお願い*
祈祷申込者の優先上殿にご協力ください。
上殿はマスク・靴下の着用をお願いします。
撮影・録画・録音はご遠慮ください。
携帯電話は電源を切るか機内モードで音声 振動のない設定に
禁酒禁煙禁食です。
飲水はフタ付ペットボトルや水筒などをご用意ください。

座布団席はあぐら、横すわりなどでかまいません
足底を仏前に出さないようにお座りください。
正座不要です。

本堂内洗面所は回廊を通り本堂後方にございます。 

令和6年5月大祭ご案内はがき(今回のご案内)

⬇ 令和6年五月大祭 説教配付資料 

 

 




くわしく解説
【大祭(たいさい)とは】

正月・5月・9月24日は大祭を修行する特別な縁日です。

大祭は「大般若経と地蔵尊に現世利益を願う大祈祷法要」です。午前午後の2回、30名ほどの僧侶が、髙岩寺本堂で、約40分間の法要を修行します。

大般若波羅蜜多経(だいはんにゃはらみったきょう)六百巻を転読(転翻てんぽん)し、仏説延命地蔵菩薩経(ぶっせつえんめいじぞうぼさつきょう)を歩きながら唱え、大間を5周します。法要後は地蔵尊に焼香し、申し込んだ祈祷札を授かります。

くわしく祈祷札>>

法要に参加されなくても祈祷札を後日受け取ることができます。郵送授与も承ります。

法要に先立ち、テレビ「ぶっちゃけ寺」「チコちゃんにしかられる」出演で知られる千葉公慈先生より、30分ほどのわかりやすい法話を拝聴します。事前に資料を配布します。

【写真説明】大般若波羅蜜多経六百巻転読の瞬間 経本が巻き起こす風にもご利益があるとされています。


【法要解説】

午前と午後、ほぼ同様の法要がとりおこなわれます。午前中の法要について、時間を追って解説いたします。

10:30~ 14:30~
法 話
千葉県寶林寺住職・東北福祉大学学長 千葉公慈師(ちばこうじ)の法話(約30分)。わかりやすく仏さまの教えをお説きになられます。聴衆を眠くさせないお話で大変人気があります。

11:15~ 15:15~
次々と僧侶が入堂。導師がお地蔵様にお香を献じます。

普同三拝(ふどうさんぱい)
法要に参加する僧侶全員が三回礼拝。
皆様もその場で合掌低頭(がっしょうていず)ください

浄道場(じょうどうじょう)
「散華の偈」を唱えます(法要の場を華を散らしてより清らかにする)
 午後のみ宣疏(せんしょう・法要の意義を述べる 文語体)を修行します。

般若心経(はんにゃしんぎょう)
信者席からも般若心経の声明が聞こえます。

大般若波羅蜜多経 転読
(だいはんにゃはらみったきょう てんどく)
偈文を唱えながら、六百巻の経本をあらゆる方向に開き、閉じます。「転読・転翻 (てんどく・てんぽん) 」という作法です。古来 巻物の経典を「転がして」唱えていたことにちなみますが、現在は木板で印刷された「折本(おりほん)」の経典を空中に舞うように扱って唱えます。「トランプのシャッフル」になぞらえる方もいることでしょう。

転読は省略せずに全部読む「真読(しんどく)」と同じ功徳があり、さらに経本の転読によってわきおこる「風」にもご利益があるとされています。中央では導師(高岩寺住職)が理趣分(りしゅぶん)を読誦し、最後に転読を行じます。

消災妙吉祥陀羅尼
(しょうさいみょうきちじょうだらに)
災害を消し去る功徳を持つお経を唱えながら大般若経 経本を経櫃(きょうびつ)におさめます。

地蔵経(じぞうきょう)
大変長いお経「仏説延命地蔵菩薩経」(ぶっせつえんめいじぞうぼさつきょう)をお唱えします。冒頭より僧侶全員が読誦しながら大間を5周ほど練り歩きます。「行道(ぎょうどう)」と呼ばれます。

地蔵真言(じぞうしんごん)
お地蔵様をたたえる短い偈文です。「おんかーかーかびさんまえいそわか」

回向(えこう)
お経をお唱えして発する功徳を皆様に振り向ける声明(しょうみょう)。祈祷帳のお名前を読み上げます。

普同三拝

正午頃~ 16時頃~
参加者焼香 祈祷札授与 散堂
包み香をご用意します。地蔵尊霊前で礼拝焼香し、祈祷札をいただいて終了です。


【写真説明】祈祷太鼓にあわせて唱えながら練り歩く地蔵経(じぞうきょう)の行道(ぎょうどう)